ぴろしき以外のロシアの話

ロシアのこと、旅行のこと、趣味のこと色々綴ります。

留学先で現金ってどうやって下ろす?~ロシア留学に向けて⑧~

氷食症って知ってます?

 

みなさんこんにちはだにーです。

 

僕は気づいたら氷バリボリ食べてます。

 


 

ロシア留学に向けてシリーズ、前回は航空券の買い方にについてお話をしました。

 

記事はこちらから↓

 

www.danny-danny.work

 


 

ここまでくると国内ででの準備はほとんど終わったも同然なのですが、留学に行く前にぜひ考えておいてほしいことがあります。それは、"向こうでどうやって現金を手に入れるかということ"です。これは僕にとって散髪に並んで留学の最懸案事項の一つでした。僕の場合は学費を現地で支払わなければならなかったため大金を直接持っていく必要がありましたが、やっぱり大金を持ち運んでの移動は結構ストレスでした。ただロシア到着後はすぐに現地の銀行口座を開設しそっちにお金を移しましたが。

 

それに留学中は何かと予定外の出費が多いのでいくら持っていけばいいかというのも予測が立てづらいです。ですので現地のATMからお金を引き降ろせるようにしておく必要があります。というわけで今回は現地でお金を引き出す方法についてお話しようと思います!ではいって見ましょう。

 

 

 


1.クレジットカードのキャッシング...オススメ度★★★★☆

 

一番手軽なのはクレジットカードのキャッシングサービスを利用することでしょう。為替レートも悪くないですし手数料も安価です。一般的にクレジットカードの海外キャッシングサービスの金利一律で年18%に設定されています。単純に計算すると1ヶ月で1.5%の利息が発生するということです、安いですね(これとプラスでATMの利用手数料がかかりますはこちらは200円ほどです)。

 

ただし気をつけてほしいのが、キャッシングサービスは借金をしているのと同じだということです。口座にお金が足りてなくてもキャッシングは枠内であれば出来てしまうのでお金のちゃんとした管理が必要になってきます。

 

そして基本的に学生カードには最初からキャッシング機能は付いていませんので申請が必要です(最初のカード発行時に年収を0円以上に設定し、キャッシング機能の申請をしていれば最初から使うことができます。)。ですので発行時にキャッシング機能をつけなかった方は渡航前にキャッシングの枠の申請をしておきましょう。

 


2.海外送金サービス...オススメ度★★☆☆☆

 

グローバル化が進む現代ですので送金サービスの種類も多くなってきています。例えばゆうちょでも海外の口座への送金サービスを行っていますし、TransferWiseなどの海外送金に特化したサービス会社もあります。

 

しかし手数料はクレジットカードのキャッシングよりも高く、例えばゆうちょであれば窓口で申請すると4000円の手数料+為替レートはゆうちょが定めるものになりますのでそこでの上乗せもかかってきます。TransferWiseなどはこの為替レートの透明性をセールスポイントにして売り込んでいるわけです。

 

デメリットのもう一つとして申請してから実際に送金が行われるまでに時差があるということです。例えばゆうちょでは早くても2営業日後の送金になりますので急ぎでお金が必要な場合などには向きません。

 

また、インターネットで手続きするのであれば問題はありませんが、ゆうちょの窓口などで手続きする場合は日本国内で申請をしてくれる人が必要になるのもデメリットでしょうか。

 


3.三菱UFJ銀行デビットカード...オススメ度★★★★★

 

個人的な一押しは間違いなくこれです。僕はお金を引き出すことが必要な際は毎回このカードを使っていました。

基本的にはクレジットカードのキャッシングと容量は一緒です。為替レートも悪くないですし手数料は200円ちょっと。ほとんどどこのATMでも使うことができます。

 

では一番の違いは何かというと、これはデビットカードであるため即時引き落としであるということ。つまりどこからお金を借りているわけではなく100%自分のお金であるわけです。ということはつまり口座にお金が入っていなかったら引き落としはできません。使いすぎの抑制にもなりますね。

 

僕の場合はメインバンクはゆうちょなのですが、出国前に10万円ほど三菱UFJの口座にお金を移しておきました。最悪、手数料はかかりますがインターネットから口座間の送金も行えますので現地での口座間のお金の振替も可能です。

 

ただデメリットもあります。それはロシアのズベルバンクのATMの場合であれば1回に引き出せりのが5000ルーブル、日本円で約8000円であるということ。ですので高額を引き出したい引き出したい場合はその引き出し回数×約200円の引き出し手数料が発生するということです。例えば20000ルーブル(30000円強)を引き出したければ5000ルーブル×4回ですので1000円ほどの手数料が発生するということです。ですのであまりに高額を引き出す必要がある場合はクレジットカードのキャッシングの方が安くつくと思います。

 

 


 

留学するにあたって現金をどうするかって大事ですし、できることなら大金は持ち歩きたくないですよね。ぜひみなさんも上記の方法を参考にして留学の準備を続けていただけたらと思います!

 

さて、次回からはいよいよロシアについてからの流れに入っていきたいと思います。

次回はロシア到着から授業開始までの流れについてお話したいと思います!

 

ではでは。