ぴろしき以外のロシアの話

ロシアのこと、旅行のこと、趣味のこと色々綴ります。

長年みんなに愛されてきた女性ロシアンシンガー、Юлия Савичева~ロシアで最近流行ってる音楽ってどんなの?~

日が短くなったなあと感じる今日この頃。

 

みなさんこんにちはだにーです。

 

もう冬ですな。

 


さて、今回はロシアで最近流行ってるアーティストを紹介するシリーズです。

前回はユリアンナ・カラウロヴァをご紹介しました。今回も女性シンガーをご紹介します!前回の記事はこちらから↓

 

 

www.danny-danny.work

 

他のアーティストの記事はこちらから↓

 

www.danny-danny.work

 


 

さて、今回ご紹介するアーティストは正直なことを言いますと今が旬!という訳ではないのですのが長い期間ロシア音楽界の第一線を走り続けており中年層からの支持も強い女性アーティスト、Юлия Савичева(ユリヤ・サヴィチェヴァ)です!!

 

f:id:sou0502ws:20191112135218j:plain


 

ユリヤはロシア連邦のウラル地方出身の32歳。彼女の持ち味はその力強い歌声。声にパワーがある人っていますよね、彼女はまさにそれです。

 

 

ちなみにですが僕の声はパワーの無さに定評があります。パワーというより声があまり通らないんですよね。これって留学してる時に結構デメリットでした。外国人ってみんな授業中にめっちゃ喋るので自分の意見を言いたくても声が通らないとかき消されてしまうんですよね。

そのことで迷っていた時にふと一つの映画を思い出しました。妻夫木聡主演の"ジャッジ!”です。オススメですぜひみてください面白いです、あと北川景子が可愛いです。妻夫木くんも外国人たちのグループの中で発言権を得るのに苦労しますが一つの方法が彼を助けます。それがペン回しです。ペン回しは外国人には珍しいので注意を引きつけられるらしいです。そしてみんなの注意を引きつけてから話し始めるというわけです。

僕もそれだっ!と思って授業中に発言したい時にペン回しをしてみましたが先生に遊ぶなと怒られただけでした。発言したい時は手をあげましょう。

 


 

話が逸れました。ユリヤは実は親日家として知られており、実際に2007年には東京と大阪でライブを開催しています。もし今もう一度きてくれるなら絶対行きます。きてください待ってます。

また2008年には アルバム "Оригами"を発表、読み方は"オリガミ"です。アルバムの名前に日本語を使ってくれるなんて嬉しいですよね。

 

 

またまた余談ですが僕は折り紙は基本的に鶴しか折れません。

ロシア留学中に孤児院を訪問し折り紙を教えるというボランティア活動をしていたのですが、鶴しか折れないのにそれを隠してロシア人の子供相手にドヤ顔をしていていました。当然"他のも作って"と言われてしまい非常に困ってしまいました。どうしようもないので苦肉の策としてまた鶴を折り、今度はこれはカラスだと言い張りその場を丸め込みました。大人をなめるな。

 


 

さて話を戻しまして、それではユリヤの有名な曲をいくつかご紹介したいと思います!

 

 


1.Believe me

www.youtube.com

2004年にユリアはユーロビジョンコンテストにロシア代表として参加。その時のエントリー曲がこちらです。

ユーロビジョンコンテストは毎年開催されているヨーロッパでの国対抗の音楽コンテストです。めっちゃ人気で毎年盛り上がってます。アジアでもそういうのやれば面白いと思うんですけどね、もしかして僕が知らないだけでやってる?サビの歌詞だけ載っけておきます。

 

Believe me I just don`t care

(私を信じて。私はどうなっても気にしないから)
If you look away or stare

(あなたが目をそらしたとしても、私を見つめたとしても)
If you choose to go or stay

(私から離れようとも、そばにいようとも)
Don`t believe me I pray

(私を信じないで、願ってるわ。)

 

よくある女心を綴った曲といったところでしょうか。経験則ですが女性の "私は気にしないから"は90%の確率で気にします。僕はそれでこれまで何回怒られたでしょうか、女心って難しい。

 


2.Высоко

www.youtube.com

しっとりとしたバラード曲、ユリアの代表曲のひとつです。ちなみに"Высоко"とは"高く"という意味です。なんだか心に響くものがありますね、ぜひ歌詞と一緒に楽しんでください。

Не забывай помни меня

(私を忘れないで)
Ты не один навсегда вдвоём
(あなたは一人じゃない、私たちはずっと二人よ)
Не забывай пламя огня

(私たちが自分を温める)
Где мы с тобой греем себя
(その炎を忘れないで)
Я улечу в себе

(今飛び立つの)
я улечу к тебе
(あなたの元へ)
На небо за звездой высоко

(星を求めて、空へと高く)
Тихий полёт это легко

(静かに飛ぶのは簡単なのよ)

 

なんだか切ないですね。歌詞を読んでいると、最愛の人を亡くしてしまったのかなとも思ったり。夜中に一人で聞いていたら心がキュッとなりそうな曲ですね。

 


3.сердцебиение

www.youtube.com

 

Серцебиениеとは"胸の鼓動"という意味です。この曲も別れの曲ですね。別れを切り出された時の鼓動の高鳴りを表現した曲ですね。ユリアも恋愛の曲を多く発表しています。ただ、ユリアンナとは少し違ってメンタルは弱めなのかなと。

 

Моё сердцебиение,

(私の胸の鼓動)
Остановись на мгновение,

(一瞬だけ止まってちょうだい)
Ты позвонил в 23.00

(あなたは23時に電話をかけてきて)
И сказал, что не со мной.

(私とは一緒にいられないって告げたの)

 

"別れと出会いを繰り返し"、中島みゆきも言ってました。時々インターネットで見ますが女性の恋愛は上書き保存、男性の恋愛は名前をつけて保存だそうです。

僕のことを元彼の名前で呼んだあの子は保存する時にバグでも起こしたんでしょうか。

 


4.от москвы до мадрида

www.youtube.com

 

つい先日発表されたユリアの最新曲です。意味は"モスクワからマドリードまで"です。

ちなみに"Москва-Владивосток"(モスクワ-ウラジオストク)という曲もあります。定期的に長距離移動があるようです。

 

От Москвы до Мадрида за пять часов

(モスクワからマドリードまで5時間)
На крыльях скроюсь из вида лишь поясов

(翼の上で、ベルトだけの光景から隠れるの)
А ты не звонил, мне обидно

(あなたが電話してこないから怒ってるのよ)
И я взяла последний билет до Мадрида

(だから私はマドリード行きの最後のチケットを買ったの)

 

キレた女性がマドリードまで逃げてしまうわけです。僕もいつか彼女と喧嘩することがあれば台湾あたりに逃げてやろうと思います。ただ個人的に思うんですが逃げて何になるんでしょうか。もし逃げることがあれば逃亡のレビューでもブログに書こうと思います。

 


 

さてさて、今回はこの4曲をご紹介しました。ユリアの曲で個人的にまだまだ紹介したい曲はいっぱいあるのですがきりがないので今回はこの辺で。

 

次回のアーティストは期待のホープ、HARUです!!

 

記事はこちらから↓

 

www.danny-danny.work

 

ではでは

 

www.danny-danny.work