ぴろしき以外のロシアの話

ロシアのこと、旅行のこと、趣味のこと色々綴ります。

ロシアで留学してみませんか?大学を選ぼう!~ロシア留学に向けて①~

Joyfulが地元にあることを初めて知った22歳の秋。

 

みなさんこんにちはだにーです。

 

居心地◎。

 


 今回からは自分のロシア留学の経験から、自分で手続きをしていく際に有益だと思える情報について、自分の経験を降りける形で紹介していきたいと思います。

 

記念すべき第1回目の今回は、留学先となる大学を選ぶところから始めていこうかなと思います。

 

大学生でロシア語を勉強していて、かつ自分の大学とロシアの大学に提携プログラムがある場合はいいのですが、1から自分で申し込みをするとなると星の数ほどある大学を選ぶところから始まります。しかもロシアはご存知の通りめっちゃくちゃ広いです、都市を選ぶところから一苦労ですよね。

 

でも大丈夫、方法はいくつかあるのでご紹介していきたいと思います!

 

大きく分けて以下の2つの方法があります。それぞれ見ていくことにしましょう。

 

 


①斡旋業者を使う

 

有名なところではJICでしょうか。

メリットとしてはなんといってもその安心感でしょう。業者の方はその道のプロなわけですから、ビザの手配から住居探しまで本当に全て丁寧にサポートしてくれます。僕がペテルブルクに留学していた時に大学の後輩が1人、JICを使ってサンクトペテルブルク国立大学に留学していました。その時の彼の住居を見せてもらったことがあるんですがめっちゃくちゃ綺麗で広かったです。ホテルみたいでしたマジで。

業者はやっぱり一番安全で確実な方法だと言えますし、留学先はその適当さであまりにも有名なロシア安心安全は金で買えとはよく言ったものです。少しでも不安があるならば業者をお勧めします。

 

デメリットとしてはやはり費用でしょう。自分で全てやった私とJICのサイトに掲載されているサンクトペテルブルク国立大学への留学プランの料金表を見比べると、約1.5倍ほど高くついています。学んでいた大学が違うので一概には言えないですが、住居費を含めると一年で50万円ほど差が出てるのは見逃せないかと...

ちなみにですが先ほど家がめっちゃ綺麗だと言いましたが、なぜ綺麗かというと家賃が高いからなんです。その後輩は市内中心部ではなく、結構離れた割と治安の悪いところに住んでいました。(プロスヴェータといえば分かる人は分かるはず。) にも関わらず、ペテルブルク中心地のど真ん中に住んでいた僕と家賃は同じかなんならもうちょい高いくらいでした。ここは個人の考え方次第ですが僕はそれなら多少家の質は落ちても交通の利便性が高いところに住みたいかなあと。別に僕の家も悪くなかったしね。

 

また選べる大学が少ないのもデメリットでしょう。JICではプログラムのある大学はわずかに4つです。

 


②Study in Russiaなどのサイトを使う

 

僕はこちらを選びました。このサイトはロシアの教育省が運営しているサイトになります。 

このサイトではどんな大学やプログラムがあるかを検索、さらには応募までできてしまいます。1ヶ月ほどの短期集中語学コースからなんと4年間かけて学士号をとる、すなわち正規留学の応募までできてしまうのですごいですよね...ちなみにこちらのサイトではロシア語のみを勉強するというコース以外にも、ロシア語を使って何か専門領域を勉強するコースを選択することもできます。なんならそっちの方が多いかも。

 

さらにスカラーシップ枠が用意されている大学がかなりあります。これには試験を受ける必要があったりと少し複雑であり、無料で留学すらからにはそれなりのロシア語能力が求められていると考えていてください。しかもライバルは当然日本人だけではありませんのでハードルはかなり高いです。それでも挑戦する価値はかなりあると思います。

 

デメリットとしてはHPは英語かロシア語しかないというところと、サイトが絶望的に見ずらいといったところが挙げられるでしょうか。

そして当然ですがこのページから全て自分で申し込みをすることになりますので全て自己責任で申請することになります。まあ当然ですよね。

 

さて僕の場合、サンクトペテルブルクで勉強したかったので Study In Russiaで調べてみると

 

の3校が留学生の受け入れを割と活発に行っていることを知りました。

この中でどれがいいだろうと悩み、ペテルブルク在住のロシア人の友人に相談したところ

 

"ゲルツェンは学費も安くてキャンパスの立地も最高だしいいと思うよ"

とのこと。

 

サイトを見たところ悪くなさそうだし、確かに学費も安い。(1年で50万円くらい。日本の国公立大学と変わらないです。)連絡先も書いてあったのでゲルツェン教育大学に応募したい旨のメールを送ることにしました。

 


 さて、というわけで僕はゲルツェン教育大学に留学することを決めました。となると次は大学にコンタクト取らなければなりません。 

 

というわけで次回のブログでは大学へのコンタクト・申し込みのお話をしたいと思います!

 

記事はこちらから↓

 

www.danny-danny.work

 

ではでは〜

 

 

www.danny-danny.work