ぴろしき以外のロシアの話

ロシアのこと、旅行のこと、趣味のこと色々綴ります。

ロシアでの携帯通信は格安で超快適! ~ロシア留学に向けて(11)~

最近 Apple Watchを買いました。

 

どーもこんにちはだにーです。

 

身の回りのものがどんどんapple製品になっていってます。

 


さて、ロシア留学に向けてシリーズですが前回はロシアでの銀行口座の開設方法についてお話しました。

記事はこちらから↓

 

www.danny-danny.work

 


さて今回はロシアでの携帯事情についてお話しして行こうかなあと思います。

 

今や人類にとって必要不可欠な携帯電話。友人とのコミュニケーションやSNS,地図アプリに電子マネーなど私たちの生活はすっかり携帯に頼り切っています。ですのでロシアに限らず外国を訪れた際も安定したネットワークは確保しておきたいですよね。5日程度の旅行であればWIFIのレンタルサービスを利用するという手段もありますが(高いし余計な荷物が増えるので全くおすすめしませんが)、留学となると現地でSIMカードを購入する必要が出てきます。ロシアにももちろん通信会社はたくさんあるのですが簡単にまとめようと思いますので今後ロシアでSIMカードを購入される際の指標にしていただければと思います。ではいきましょう!

 


①通信会社は大きく3つ

 日本でも通信会社といえばdocomo,au,softbankの三大キャリアがありますよね。最近は格安SIMなども増えてきていますので携帯会社が多岐化しているものの格安SIMは三大キャリアの電波を借りていますのでやはりdocomoなどと並列の争いをしているとは言えない状況です。

 

さて、ロシアでは以下の3社が主要なキャリアです。

  • МТС
  • Beeline
  • Мегафон

 基本的にはこの3社の中のどれかからキャリアを選ぶことになると考えていいと思います。 

この中でロシア最大のシェアを誇るのがМТС、次いでBeeline、Мегафонが第3位のシェアを誇ります。

僕の周りもMTCを使っている人が多かったかなあという印象です。ですが他のキャリアを使っている友人に話を聞いてもどのキャリアでもそこまで差はないかなというのが正直なところです。

 


②どの通信会社も日本よりも断然安い!

日本だともちろんプランにもよりますがキャリアだと月に6000円は普通にかかりますよね、人によってはもっとたくさん払っている場合もあると思います。

格安SIMだと3000円前後で契約をすることができますが、通信量が少なかったり、通信速度が遅かったりしたりしますよね。僕自身LINEモバイルを利用しているのですが時間帯や場所によってはGoogle mapで場所の検索すらままならないこともあります。

 

ですがロシアは基本的にインフラが低価格で整備されています。これは非常にありがたいですよね。最近は残念ながら公共交通機関の値段などが年々引き上げられており国民の反政府感情が高まってきているという事実もありますが世界的に見てもロシアのインフラ系の価格はかなり安く設定されていると言っていいでしょう。そのぶん平均所得も多いとは言えないので反政府感情がなくならないという部分もありますが。

 


③不便な点は?

 基本的に不便な点はないと考えていいと思います。

強いて一つあげるとすればプランがやたら多いのでどれを選べばいいかわかりづらいということでしょうか。ですがこれは自分にぴったりあったプランがある可能性も大きいというメリットと表裏一体ですので100%デメリットとはいうことはできないでしょう。

もう一ついうとSIMカードは店頭で買うことになりますので店員さんと交渉できるだけのロシア語力が必要です。空港では英語を話してくれるかもしれませんが街中で買う場合は基本的にはロシア語しか通じないと考えていいと思います。

 


④買い方は?

 МТСなどの店舗は街中の至るところにありますので基本的にはどのお店で買っても大丈夫です。お店に入ったら店員さんが話しかけてくれますのでSIMカードを買いたい旨を伝えましょう。するとどんなプランがいいかを聞いてくれますので自分が必要なプランを伝えれば大丈夫です。ちなみにですがプランはSIMカードの購入後アプリの中でいつでも簡単に変更可能なので特に心配する必要はありません。

 

ここで一つ注意なのですが、ロシアでは街中でSIMカードを手売りしている人が結構います。絶対にこういう人たちからは買わないようにしましょう。ロシアの友人から聞いた話ですが大体偽のSIMカードで、酷い場合にはデータを盗まれる可能性すらあるらしいです。ですので絶対にちゃんとして店舗に買いに行くようにしましょう。

 

そして、もう一つ長期滞在者に注意してもらいたいことがあります。それは、在する都市でSIMカードを購入するということです。僕はこれで失敗しました。

 

僕はサンクトペテルブルクに留学していたのですが、ウラジオストク経由でペテルブルクに向かいました。1泊のトランジットがあったのでウラジオストクの空港でSIMカードを買ったのですがこれのせいで少し面倒くさいことになりました。

 

ご存知の通りロシアは世界1位の広さを誇る大国です。ですので1口にロシアといっても莫大すぎるので各通信会社はエリアを何個かに分けて顧客を管理しているらしいです。もちろんインターネット自体はロシア全土で問題なく繋がるのですが、このせいで問題が発生するのが帰国する時です。簡潔にいうと、契約したエリア出ないと店頭での解約の手続きができません。ですので違うエリアで解約しようとすると、オペレーターに電話をかけて解約の手続きするか、6ヶ月の間SIMカードを放置する必要が出てきます。6ヶ月間通信の記録がないとSIMカードは自動的にブロックされるらしいのですがその間の通信量は当然支払う必要性が出てきてしまいます。

 

ですので自分が生活する都市で購入することを強くおすすめします、僕はМТСの社員の友達がいるのでその人に助けを求めて解約してもらいましたが相当なレアケースです。

 


⑤おすすめのプランは?

 基本的にどの通信会社でも用意しているプランはほとんど同じです。ですので今回は僕が契約していたМТСで契約すると仮定して話を進めていきます。

 

1.通信量無制限で格安、無敵のТарифще

コスパ最高最強のプランです、正直みんなこれでいいんじゃないかと思います。

このТарифщеですが、以下のサービスが含まれています。

 

  • 無制限のインターネット
  • 500分間の電話(別都市間も可能)
  • 500通のSMS

 

これだけ含まれて月額は破格の月650ルーブル、日本円にして1200円弱。さらにしょっちゅうキャンペーンをしていまして、記事執筆中の現在は契約初月はなんと半額の325ルーブル、2~6ヶ月の間は謎の割引で585ルーブル、破格です。僕はこの生活にどっぷり慣れてしまい外でもYouTube垂れ流しだったので日本に帰って通信制限と闘う日々にストレスを感じてます。

 

2.さらに安さを追求、Smart

携帯をそんなに触らないから通信量無制限じゃなくてもいい!それよりもできるだけ通信量を抑えたい!という人におすすめなのがSmartというプランです。

このプランには以下のサービスが含まれています。

 

  • 通信量月5GB
  • 200分間の電話
  • 200通のSMS

 

これで月400ルーブル、日本円にして700円です。安い。今はТарифщеがキャンペーン中なのであまり差がないですが基本料金だけで比較すれば月400円前後変わってくるので塵も積もればなんとやらってやつです。

 

 3.全部自分で決める、Мой Smart

上の二つのどちらも気に入らないという人はそれなりにこだわりがあるはず。それならいっそのこと全部自分で決めちゃいましょう!

このプランでは以下のサービスが含まれます。

 

  • 通信量(10GB/15GB/20GB)
  • 電話 (200分/400分/600分)
  • SMS(200通/400通/600通)

 

しかし、電話とSMSは同じ数しか指定できませんので注意は必要です。因みに通信量10GB,電話/SMSが格200だと月額500ルーブル、通信量20GBで電話/SMS各600だと月700ルーブルになります。正直これだとТарифщеの方がお得感があるなというのが個人の感想です。

 


 さて、以上SIMカードについて基本的なことをつらつらと書きました、みなさんがロシアにいかれる際の参考になれば幸いです。

 

ではでは~

 

www.danny-danny.work